お勧めの歯の磨き方~虫歯を減らす方法と「健康」について

誰もがなったことにある虫歯。放っておくと虫歯が広がって
しまったり、痛みが増したり、次第には物が食べられなく
なったしと、大変なことになります。

歯みがき粉

私も小さい時、虫歯が多くて大変でした。私がお勧めする虫歯
予防は歯の磨き方。まずは必ず朝晩磨くようにしましょう。お
勧めする歯ブラシは先の細い歯ブラシ。

歯と歯茎の隙間の汚れも取り除いてくれます。奥歯から前歯まで
丁寧に磨くことが大切です。力の入れすぎは、余分な成分で取れ
すぎてしまうので注意してください。

磨きにくい奥歯の裏側までしっかりと磨くようにしましょう。
そして大切なのは、歯と歯茎の隙間。そこに汚れはたまり
やすく、歯磨きをしても取れにくいので虫歯の原因にもなります。

細かいところですが、隙間に歯ブラシを入れ、優しく磨いて
あげましょう。血が出ない程度に。
ちなみに、歯みがき粉は、つけすぎないようにした方が
良いです。
フッ素入りの物であれば、口濯ぎもそこそこにしておくと
良いです。フッ素は歯を強くしてくれますので。
最後に歯茎と舌も少し磨き、綺麗にします。そうすることで、
風邪やインフルエンザなどのウイルス対策にもなります。あとは
綺麗に口をゆすげばオーケー!
私はそのあとさらに糸楊枝などで、歯と歯の隙間に残った汚れを
やるようにしています。意外と残ってるんです。そして取れると
気持ちがいいのでハマりますよ!最後に口をゆすげば完成!
忙しい朝は時間が取りにくいですが、夜など時間のゆとりがある
とき必ず一日一回はするようにしています。

ぜひ、お試しください。

また、「健康」について気掛かりになってしかたないアラサーの私の話も聞いていただけたらと思います。

まだ見ぬ未来の私の体について考えてみた人々の
健康に対しての注目度が高くなってきた最近、もっと若い
頃まではまるっきり健康とか思いもしませんでした。

しかし、三十才を過ぎて意識するようになってきました。自分
自身の健康のことを真面目に熟慮すべき年令に入ったんだと
思いました。健康って心身がともに宜しい調子ということな
わけなので病に倒れてないのでいいと言うわけではなく、心理
的においても善くなくては健康って言う事ができません。

ついてはアラサーな自分が心と体ともにベストな状態になるには
何を行うべきかと言う事をあれこれ考えなくてはと強く感じる
のです。毎日をきちんとし適度に軽い運動をすると言うところが
健康への第一ステップなのかなと考えます。

30代の10年は先の一生を病気もせず生きる為に準備する期間なんだと考えて、生活するというのはいかがでしょうか。

自分自身の健康について気掛かりにになってしかたないアラサーな私。

今後の私の健康について考えることが多くなっています。
最近までは健康の事とか思ったりもしなかったのですが、30を過ぎてからは身近にいる友人達も健康についての話をするわけで私自身も健康に対して意識を向け始めました。

そろそろ私自身の健康を本気になってじっくり考えなければいけない年代のようです。
健康」というのは精神面と身体面共に良好な調子の事を言うのです。

ということは、病人になっていないからと言ってよいわけでなく、
心も良くなくては健康であると言えないです。それらを頭に入れ30才に突入した私自身が精神的にも身体的にも上々であるために
どんな事を行えばいいかをよくよく考えなくてはとの印象を受けます。

三十才を過ぎたけど、まだまだ若い部類だと思います。
夢などもけっこうあるでしょう。それらを実践するためにも病に
ならないよう気を付けなくっちゃならないのです。

健康維持の方法だけに依存するんじゃなくて毎日のスタイルを
修正して病気知らずで三十代の10年を過ごすつもりです。